製品紹介

Robot Laser Cutting System

ロボットレーザーカッティングシステム

近年、産業用レーザー加工機システムの実務適用が普及し、従来加工が困難とされていた材料に用いられるなど重要なテクノロジー分野として注目されています。そのため、トライエンジニアリングは
イエナオプティックジャパン株式会社様と協業し、ドイツのイエナオプティック社製レーザーカッティングロボット(JENOPTIK-VOTAN BIM)を核としたロボットレーザーカッティングシステム 【VOTAN BIM】を提供。カッティングヘッド付レーザー加工専用ロボットを基本システムとして、周辺付帯装置や専用治具部、システム制御などをトライエンジニアリングが設計、製作するとともに、ティーチングも行うことで品質を管理しています。

また、周辺機器との組み合わせなどトータルシステムアップを行い、お客様の仕様を織り込んだ最適なシステム提案を行います。

適用箇所

  • ・高張力鋼板などの「ホットプレス材」
  • ・切断角度の広い「パイプ材」
  • ・CFRP(炭素繊維強化プラスチック)
  • ・バンパ、インパネ、ドアトリムなどの「プラスチック材」

ロボットレーザーカッティングシステムの特徴

  • ・中空構造の専用ロボットにより可動部に光ファイバーを使用しないため、ファイバーの破損や交換が不要。
  • ・カッティングヘッドまでのレーザー経路が完全遮蔽・エアパージ構造となり、信頼性が高い。
  • ・ロボット動作の自由度が向上し、加工範囲が拡大。その結果、ワンプロセスでの加工により精度向上、タクト短縮を実現。
  • ・従来の門型では不可能なパイプ材のカットや、3次元形状の複雑なカッティングに対応。
  • ・専用ロボット制御装置により、正確な加工を実現(切断精度±0.1mm)。
  • ・小型、軽量の専用ロボット(重量約120kg)により、壁掛け、天吊り設置が可能。
  • ・複数ロボット設置により、省スペース化を実現。

カッティングヘッドの特徴

  • ・従来の製品と比較し、約1/2サイズという小型化を実現。ファイバーレスとの相乗効果で、ティーチングの自由度が向上。
  • ・自動焦点調整装置(リニア駆動)や衝突保護装置を標準装備。

製品の概略仕様

名称
ロボットレーザーカッティングシステム【VOTAN BIM】
カッティングヘッド
ドイツ・イエナオプティック製カッティングヘッド
(自動焦点距離調整装置/衝突保護装置付)
ロボット
スイス・ストーブリ製専用ロボット Jen TX90XL
ビーム経路
ロボット内臓ミラー伝送システム
レーザー発振機
ファイバーレーザー(波長1.07μm〜1.08μm) 〜4.0kw?CO2レーザー(波長10.6μm)〜5.0kw
カッティング速度
〜500mm/s
カッティング精度
±0.1mm
オフラインソフト
セニット製 FASTCURVE(Base Soft DELMIA V5)[OPTION]