製品紹介

Robot FSW

ロボットFSW

FSWと呼ばれる摩擦攪拌接合は、溶融溶接に代わる接合方法として考案。接合部の矯正工数を削減するとともに変形が少なく、異なる材料の接合も可能など、様々な特性を備えていることにより、近年では自動車業界、航空機業界などから特に注目されています。
トライエンジニアリングは大きなメリットを持つこの接合方法を固有のロボット技術と組み合わせることでシステム化。装置の設置面積を小さくし、ライン構築の汎用性を拡大するなど、ロボット化することで実現できる特性に加え、ワンサイド加圧方式の採用により加工自由度が向上し、ワークの板厚のバラつきにも対応可能となりました。

ロボットFSWシステムの特徴

  • ・装置の設置面積が小さく、省スペース化を実現。
  • ・ライン構築の汎用性が向上。
  • ・ロボット走行軸との組み合わせにより加工範囲の拡大が可能。
  • ・工程内に複数ロボットを設置することで、工程能力増大が可能。
  • ・ワーク搬入出など加工以外の作業も可能。
  • ・C型アームなど加圧を受けるものが不要なため、加工自由度が向上。
  • ・加圧制御を採用したため、ワークの板厚のバラつきに対応可能。
  • ・自動ツールチェンジャー内蔵により、ツールの交換や切削ツールに持ち替えることで、切削システムとしての使用も可能。

FSWとアーク溶接との比較

  アーク溶接 FSW
熱ひずみ × 大きい ○ 少ない
溶接不良 × 多 い ○ 少ない
異種金属材料接合