製品紹介

Robot Machining System

汎用ロボットでの切削加工ロボットシステム

汎用ロボットを用いた切削加工システムは、株式会社安川電機、及びMSIシステム株式会社との共同事業として開発。汎用重可搬ロボット、並びに専用設計定格4.5kwスピンドルモータ、及び安川電機と開発した専用インバータ制御ソフトの採用により、従来困難であった汎用ロボットによるフライス加工、エンドミル加工、穴明加工、バリ取り加工を実現しています。

適用箇所

  • ・アルミダイカスト製品一次加工
  • ・鉄材粗加工
  • ・アーク溶接ビード切除加工
  • ・樹脂材のトリム
  • ・穴明加工
  • ・真鍮材一次加工
  • ・木材加工

ロボットマシニングシステムの特徴

  • ・汎用多関節ロボットにより、様々な角度からのワークアプローチが可能。
  • ・加工範囲があらかじめ決められているNC工作機と比べ、ロボット走行軸などの組み合わせにより加工領域が拡大。
  • ・ATC(オートツールチェンジャー)などによりワーク搬送から加工までの作業が可能。
  • ・BT30付スピンドルモータにより自動工具交換が可能。
  • ・専用制御ソフトにより、ロボットティーチングプログラム上で切削回転数、送り速度などの任意設定が可能。
  • ・切削負荷大時に切削負荷を自動検出。自動で切削条件を変更し、アラーム停止を防止。
  • ・NC工作機より廉価に粗削、バリ取り加工を実現。
  • アルミダイカスト粗削 加工前
  • アルミダイカスト粗削 加工後
  • アルミダイカスト粗削 加工前
  • アルミダイカスト粗削 加工後
  • テストピース加工品
    左:SS400 右:アルミ

製品案内

  • トリム、穴明用  安川仕様

  • 3D加工、精密加工用  ストーブリ仕様

製品の概略仕様

ロボット 安川電機 MOTOMAN-MH180/225 DX200コントローラー
インバータ制御専用制御ソフト内臓
他専用OPTION付
ストーブリTX200 CS8C HPコントローラー
インバータ制御専用制御ソフト内臓
インバータ
(スピンドルモータ駆動用)
安川電機 V1000インバータ
最高出力周波数1000Hz仕様
DeviceNet通信ユニット付
スピンドルモータ MSIシステム RT13-04
  • 定格回転数:8000rpm
  • 最高回転数:15000rpm
  • 定格出力 :4.5kw
  • 定格トルク:5.4Nm
  • 冷却方法 :空冷
  • ツールチェンジャー:BT30規格自動工具交換